たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

40代で婚活を始める前に読みたいおすすめ本4冊

 平成27年国勢調査の結果では、40代の未婚率は男女合わせて「22.4%」。40代の4〜5人に1人は未婚者という計算です。

 これって感覚として感じてるよりも意外に多い気がするけれど、下記リンクの「人口等基本集計結果」によると

統計局ホームページ/平成27年国勢調査/調査の結果

 40〜44歳の未婚割合は24.6%、45〜49歳の未婚割合は21.0%と書かれています。

 今の40代って、生き方に対する多様な価値観が広がったパイオニアのような世代であって、「選んで独身」という人たちもこの中に結構いるのかなと思います。

 一方、お見合い文化の衰退なんかもあって、結婚したくても機会がなかったという人たちも、ある程度増えてしまった気もします。

 今日はそんな結婚の機会がなかった40代の自分が、婚活する上で役に立ったと思う本を紹介してみます。(男性向けです。)

f:id:mbook999:20170319082822p:plain

目次

 

気持ちが前向きになる本

モテる技術 (ソフトバンク文庫)

モテる技術 (ソフトバンク文庫)

 

 この本には出会いに関して山のような具体例が書かれているのだけど、正直書かれている実践的な内容は、ほぼほぼ役には立たないと思います。でもとにもかくにも自分に自信を持って、前向きなマインドになるためには最高の一冊。最初から最後までとにかく励ましてくれます。

 まずは自分で第一歩を踏み出さないことには何も始まらないのです。

 

全体的な流れを確認する

モテの真実

モテの真実

 

 この本の中にはこれといって特筆するような部分はないのだけど、出会いから交際まで一通りの流れがわりと詳しく解説されているのが良いところ。理屈から入るタイプで、なんでもかんでもマニュアルがあったほうが安心な人におすすめ。

 

なぜ婚活するのかを考えてみる

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

 

 タイトルからは想像できないけど、意外にまじめな一冊。文庫版に追加された部分がとても良いので、初版で読んだ人も読み直す価値があると思います。

 筆者は言うには「大人になるということは、もう人生残り少ないのだから、なるべく他人を幸せにしたいと思うことだ。」

 生まれて20年間は子供時代で、次の20年間は独身生活。そしてこれからの20年、一体自分はどう生きていきたいのかと考えてみた時、この言葉は結構心にストンと落ちました。

 長くひとりで自分のためだけに生きてきたけれど、今度は人を幸せにしてみたいと思うから婚活をする。そういう気持ちを忘れないようにしたいです。

 

人を幸せにするってどういうこと?

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

 

 でも長く独り身だったせいで、人を幸せにするという事がどういう事なのか忘れてしまったのならば、この本を読んで、復習してみるのがいいのかもしれません。

 相手が大切にしているものを大切にすること、「信じる」「許す」「愛する」は無条件が前提であること、などなど。いつも心に止めておきたい考え方がたくさん書いてあります。

 ついつい忘れがちになってしまうので、暗記するくらい読んでおきたい本。

 

 以上、婚活に役立ったと思う本4冊でした。他にも40代限定に向けた婚活本なども読みましたが、個人的にはあんまり大したことは書いていないと思いました。

 外見や行動についてのマニュアル的な本よりも、まずは内面を見直すことが自分としては婚活の第一歩かなと思います。

 あとは大人の恋愛映画なんかをたくさん見るのも良いかも。

たゆくらレコード大賞2016

 2月にもなって今さら感は多々ありますが、今日は2016年に発売されたアルバムで、よく聴いたものを賞形式で発表します。

 どうでもいい記事ちゃ記事だけど、個人的にブログの楽しみの1つは人様の音楽なり映画なりの趣味嗜好をのぞいて、時々新しい発見ができるところだと思うので、臆せず投稿します。ちなみに一般的な嗜好からはかけ離れています(笑)。

f:id:mbook999:20170205111123p:plain

最多再生回数賞 Over and Over / Goo Goo Dolls

 うちの2016年のiTunes再生履歴で1番再生回数が多かったのは、ポップなオルタナロックバンド、グー・グー・ドールズのニューアルバム1曲目"Over and Over"でした。そんなにハマった記憶はないのだけど、気分が明るくなるアルバムだったからか、いつのまにか聴き込んでました。

最優秀ブルースギタリスト賞 Jeff Healey

 2016年は優れたブルースギタリストのニューアルバムが多くて悩みましたが、没後8年目にしてまさかの全曲新作のニューアルバムを出した、ジェフ・ヒーリーを選出。ブルースロック調のメロディラインと情熱的なギタープレイに久しぶりに熱くなってしまった。

 YouTubeリンクは在りし日のジェフ・ヒーリー。マーカス・ミラーとオマー・ハキムのキレキレなリズム隊も含め凄まじい演奏です。

最優秀ブルースアルバム賞 Blue&Lonesome / The Rolling Stones

 2016年発売のブルースアルバムでよく聞いたものはいくつかあって、それぞれ全然違っているので1番を選ぶことは不可能なのだけど、テクニカル的なことではなく生き様からにじみ出るブルース感という意味でまあ圧倒的かなあ、と。

 ちなみにノミネート作品は以下です。

  • I Still Do / Eric Clapton
  • Heal My Soul / Jeff Healey
  • Let Me Get By / Tedeschi Trucks Band
  • Dig in Deep / Bonnie Raitt
  • God Don't Never Change : The Songs of Blind Willie Johnson / V.A.

たゆくら協会選奨 The Ghosts of Highway 20 / Lucinda Williams

 ルシンダ・ウィリアムスの楽曲は何といってもギターの音色が良い。このアルバムは全体的に暗くてアンビエントなトーンではあるけれど、YouTubeリンクでいうと3分過ぎのところからのギターの音色が好きで好きで仕方がないです。

最優秀新人賞 黒木渚

 私が知らなかっただけで別に新人ではないのだけど、2016年に知ったアーティストってことで、選出してしまいます。ラジオで流れてた「骨」「アーモンド」あたりから入った感じですね。2016年にいちばん頭の中をリフレインしたのはYouTubeリンクした「ふざけんな世界、ふざけろよ」かも。「チクショー、チクショー、ふざけんな」って。

 

たゆくらレコード大賞 「道」 / 宇多田ヒカル

 すみません、最後だけベタで。でも普通に考えて2016年はこれでしょ?「二時間だけのバカンス」も甲乙付けがたいくらい良い歌です。まだ買ってない人は買いましょう(笑)

 

今回の記事で触れたその他のアルバム紹介はこちらです。

tayukura.hatenablog.com

ブログを始めてみて1年が経ちました

 はてなブログから「たゆたう暮らしを開設して1年が経ちました」というメールが来ました。

 思い返せば1年前。正確に言うとはてなブログに最初の記事を書いたのは、ちょうど1年と1週間前でした。

 不惑にもなって、今さら自分が何のために会社生活を何十年も続けているのかよく分からなくなって「仕事とは」「生きるとは」的な本を読み漁ってた頃でした。

 すっかり惰性に流されて、思考停止状態だった毎日をどうにかしたい。そんな気持ちがこのブログを始めた一番の理由だった気がします。

 何とかしたいけど何をしたらいいか分からないし、別にやりたいことも思いつかない。それならばまずは自分の人生を見直して、これからの事についてちゃんと考えてみようか。

 その「考える」ためのツールとしてなんとなくブログを選んでみたって感じです。

 

 結局この1年で、ブログを書くことがどれほど自分のためになったのかは分からないけれど、少なくともここ数年のうちでも、考えることにかなり多くの時間を割いた年だった気がします。

 そして考えた事をブログにアウトプットしてみる。自分の人生に関することも、趣味的などうでもいいことも含めていろいろと。

 まあ思った以上に自分が表現下手な人間だったので、なかなか満足いくようには書けませんでしたが(笑)

 それでもアクセスしていただいた方には感謝です。1年間ありがとうございました。

 ◇ ◇ ◇

 最近は1年前と違った意味でまた思考停止状態に陥りつつあります。何と言うか、以前は何にも考えることがない毎日を過ごしてたゆえに、人生の意味なんてことに思いを馳せてた気がします。

 近頃ちょっとした私生活の変化もあり、直近で楽しいことがたくさんあって、逆にロングスパンな人生や会社生活の意味なんて考えてる時間はなくなりました。

 「ローグ・ワン」も見たし、今さら「君の名は。」も見たけれど、それをブログ記事にする余裕もなく、1月は1記事更新というかなり風前の灯的な状況になってきてしまいました。

 ただ、1記事更新というお寒い状況だったにも関わらず、1月も8000超のアクセスがあり、アフィリエイト売上は4000円ちょっとありました。全くもってなんでこんなに見ていただけるのか謎ですが、はてなブログすごすぎる!!

 こんなボロい商売やめられません(笑)

 はてなブログからきたメールにも「私のブログライフがより楽しいものになるよう、これからもサービスの向上と改善に努めてまいります」って書いてくれてることだし、2月はもうちょっと更新できるよう頑張りたいです。

ブログを始めてみて11ヶ月が経ちました

 さて今日は大晦日。といっても別にすることもなく、のんびりブログの更新です。

 思いつきでブログを登録したのが今年の1月。遠い昔のような、ついこのあいだのような。滞り滞りながらですが、何とか続きました。

 今月はクリスマス向けに書いた記事にわりとアクセスがあって、過去最高のトータル8000超のアクセス数でした。

 当然ながらクリスマスが終わってからはガタンとアクセス数が落ちて、今週からはいつものペースに戻ってます。

 

 それから今月は、またまたこのブログにすごいことが起きました。

 先月から始めたアフィリエイト。先月の報酬額は90円くらいでした。

 そして今月は、なんと。

 デロデロデロ・・・

 

 4,715円!

 

 アフィリエイトすごすぎる・・・。

 アマゾンアフィリエイトの管理ページでは、このブログを通じて何が注文されたのかが分かります。記事でおすすめした、それもわりとマイナーなアーティストのクリスマスアルバムなどが注文された時の嬉しさは、結構ジンとくるものがあります(笑)。

 逆に欲を出して狙いに行った、アフィリエイトリンク満載の記事にはほとんどアクセスがなかったりするので、今後もコンスタントに収入を得るのは難しいでしょうけど。

 アクセス数が増えるというのは、Google検索でどれだけクリックされるかという、単なる確率だけのような気がします。でも記事を通して注文があったり、スターを頂いたり、時々ブックマークしてもらったりすると、誰かに読んでもらってるという実感があっていいですね。

 今年アクセスしていただいた方、どうもありがとうございました。

 来年も日々の感想日記とアフィリエイト満載の小銭稼ぎ記事を適度なバランスで、ブログを続けていきたいと思います(笑)。

◇ ◇ ◇

 さて最後に自分のための「書き残そう、あなたの人生の物語」のコーナーです。

 先月からはてなブログには「こよみモード」なる機能が追加され、過去の同じ月に投稿された記事を振り返ることが推奨されてます。

 来年の今頃、今日書いた記事を見て懐かしむことが出来るのか、それとも鬱滅としてブログを速攻削除するのか分かりませんが、今年は本当にいろいろあった1年でした。

 年の始め、人生の行く末にぼんやりとした焦燥感を感じて、いつまでも進路の定まらない生活を見直す意味を込めて「たゆたう暮らし」という名前のブログを作ってみました。

 もちろん始めただけで何かが変わるとは思っていなかったけれど。

 結局、今年1年間で起きた大事な出来事は、ほとんどブログに書くことは出来ませんでした。でも日々の出来事を内省して心の中で整理するために、書くという行為が少しは役に立ったのかな。

 

 そして今年いろいろあった結果、とりあえず年の終りの今日現在、私の暮らしはたゆたってないです。順風満帆とは言わないまでも、少なくとも追い風の楽しい毎日です。

 来年ははたして進路を定めることが出来るのか。

 そんなことを書き残して今年のブログはおしまいです。

この世界の片隅に自分の居場所を見つけるということ

 映画「この世界の片隅に」を観てきました。でも紹介文や感想文を書くつもりはなくて、あくまでこれは自分向けのメモです。少し気持ちの悪い内容だけど(笑)、これが12月現在の自分の最大の関心事なので。

 ◇ ◇ ◇ 

 主人公のすずさんは、自分と家族だけの小さな世界に住む純朴な女の子だった。

 外の世界と無関係に、小さな世界の中だけで生きていくのも別に悪いことではないと思う。

 でもすずさんの生きた時代はとても過酷で、暴力はそんな小さな世界にだって否応なく踏み込んできてしまう。

 踏み込まれてもなお自分だけの世界を守れる強い人もいるけれど、すずさんはそうではなかった。

 自分を取り巻く、嫌なこともたくさん起きるこの世界を受け入れて(それは彼女の望むことではなかったけど)、その上でその広い世界の片隅に自分の居場所を見つけ出した。

 

 すずさんにとっての居場所は、寄り添ってくれる人の側だった。

 この世界の片隅に居場所を見つけるということは、寄り添える誰かを見つけるということと同じなのかもしれない。

 ◇ ◇ ◇ 

 もしも自分にそんな相手が見つかったのなら、

すずさんの夫となった周作さんのように、いつだって誠実に接すること。

自分を偽ったりごまかしたりしないこと。

誰よりも優しくすること。

 

 そういった事を忘れないようにしたいと思った。

婚活の記事を読んで、自分が結婚できない理由を考えてみる

 年の瀬にごくごく個人的な記事を書いてみる。書いたらさっさとネットの海に沈めるつもりで。

 最近、はてなブログのトップページで婚活の記事をよく見かける気がする。関心があるので目につくのかもしれないけれど。この記事を読んでいろいろ考えさせてもらった。

nenesan0102.hatenablog.com

 婚活って当然ながら「結婚したい」という基本線のある人同士が出会うのだけど、やっぱり当然ながらすぐに上手くいくものではなく。

 みんなそれぞれの結婚したい理由を持って、時間をかけて大勢の人と会って相手を探している。

 きっとかなりのエネルギーが必要だと思う。

 

 あと、婚活中の記事は見かけるけれど、もうひとつ気になるのは、婚活に成功した人は一体何を持って相手を決めたのだろうってこと。

 先日、身近でも婚活パーティで出会って結婚したという女性から話を聞く機会があった。30才から婚活5年。で、今年相手を見つけて半年でゴールインしたそう。

 「特に不可のない人だと思った」ってその女性は言っていた。

 まあ照れ隠し的な発言なのかもしれないけれど、婚活で相手を決めることの難しさも少し感じられたり。

 でも数をこなして、たまたま偶然に向かいの席に座った相手と結婚に至ったのならば、それって十分運命的なことだと思う。

 

 なんで婚活にこんなに興味津々なのかというと、私自身が独身だからだ。結婚したいのに出来ないまま40代になってしまった。

 先日も飲み会で、「お前なら結婚くらい出来るだろう。婚活しろ。」というような意味のことを言われた。なんで結婚できないのかは自分だって知らねーよって気分だが、やっぱり何か理由があるんだろう。 

 1つは草食系なんて言葉がなかったころからの根っからの草食系な性格があると思う。先日職場の後輩の女の子とお酒を飲みながら恋愛話をした時に「草食系すぎる!」と一刀両断された。 

 自分の周囲に過去いた女性達を振り返ってみるとどうだろう。 

 20代の頃は「結婚なんて人生の墓場」が口癖の女性が好きだった。

 30代の頃に想いを寄せていた女性には「私は一生結婚しないと思う」と言われた。

 40代の頃(今年)出会った女性は「私は猫と二人で生きていく」と言っていた。

 私は自立志向の高い女性を好きになる傾向があるんだろうか。ずっとこれまで望みのない戦いに時間を費やしてきたんだろうか。

 「結婚したい人」と「したくない人」はそもそも向いている方向が違うし、結局私にはその考えを動かす力がなかったということなんだけど。

◇ ◇ ◇ 

 今年も残りあと少し。でも人生は不思議なもので、こんな年の瀬にまた新しい出会いがあったりする。先のことは分からないとはいえ、良い出会いは人をとてもポジティブな気持ちにさせてくれるのだなあ、と思う。

◇ ◇ ◇

 ところで全然関係ないけど、パンダってとてもカップリングが難しい動物なんだそうだ。人間並みに相手を選ぶって、前に安住紳一郎がラジオで言っていた。パンダなんてみんな超かわいいんだから贅沢言うなって感じだけど、なにかパンダなりの価値基準があるんでしょうね。

f:id:mbook999:20161218111040j:plain

新譜の感想 "Blue & Lonesome" The Rolling Stones ストーンズのブルースは本物だった

 正直ストーンズがブルースのカバーアルバムを出すと言われても全然興味が沸かなかったので、リリース日がきても全くスルーしてた。

 彼らのいかにも「ザ・ロックミュージシャン」といった風情や立ち居振る舞いは最強にカッコいいとは思うけど、音楽的にはそれほど好きな曲もなかったし。

 でもこの新作を聴いてみたらもう再生リピートが止まらなくなってしまった。聴くと気持ちがハイになってまた聴き直す。昨日も今日も朝からずーっと繰り返しこのアルバムばっかり聴いている。

 ブルースなんて廃れてしまった今の世に、すごいブルースアルバムが爆誕したのだと思った。

「ブルー&ロンサム」ザ・ローリング・ストーンズ

⑧ Hate to See You Go

 近頃のブルース・ミュージシャンは、エモーショナルかつテクニカルなプレイスタイルを両立させている人の人気が高いと思う。今年のデレク・トラックスの新譜なんかも素晴らしかった。

 対してストーンズのアルバムにあるのはエモーションのみだけど、それが他の追随を許さない、圧倒的なものだったってことだと思う。

 超大御所ミュージシャンにありがちな、枯れてるなんて表現とはほど遠い、ミック・ジャガーの歌声やブルースハープも、キース・リチャーズロン・ウッドがアンプから出すギターの音も、チャーリー・ワッツのドラムも、みんなすごく荒々しい。

 あと荒々しいだけではなくて、聴いているとまるで演者の近くにいるような生々しさも感じてしまう。

 プロデューサーであるドン・ウォズの力量もあるのだろうけど、たった3日でオーバーダビングなしで収録して、こんなにも心を揺さぶる音を作れるなんて。

 

 全く何を今さらだけど、ストーンズってやっぱりすごかった。圧縮されたデジタル音源を通してでも歌い手や演者の生々しいエモーションを伝えることが出来るのだ。

 エリック・クラプトンがゲスト参加しているのは⑥と⑫。特に⑫はミック・ジャガーに煽られて、この人は自分のアルバムでは枯れきってしまってるけど、まだこんなに情熱的な演奏ができるじゃない。

 1stシングルの①"I'm Just Your Fool"は、女に狂った男が「もし他の男が出来たら、おまえをショットガンで撃つ」って歌。

 なんつう歌詞だ。

 

 ともかく年の瀬にいいアルバムを聴けてよかった。ブルーでロンサムなクリスマスはこれで乗り切ろう。

ブルー&ロンサム

ブルー&ロンサム