読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

40代で婚活を始める前に読みたいおすすめ本4冊

平成27年国勢調査の結果では、40代の未婚率は男女合わせて「22.4%」。40代の4〜5人に1人は未婚者という計算です。 これって感覚として感じてるよりも意外に多い気がするけれど、下記リンクの「人口等基本集計結果」によると 統計局ホームペー…

本の感想「ささやかだけれど、役にたつこと」レイモンド・カーヴァー

短編集「大聖堂」もしくは"Carver's dozen"に収められた1篇で、約50ページほどの小説。原題は"A small, good thing"。 繰り返し読んでいるとても好きな小説で、関心はあるけどまだ読んでいないというのなら、出来ればこのブログは閉じて全くの先入観なし…

プレゼントしたあの本は読んでくれたのだろうか

今週のお題「プレゼントしたい本」 はてなブログに投稿された「今週のお題」を読むのが好きだったのだけど、なんかはてなブログのトップページが変わって、お題のページがどこかに行ってしまった。ブックマークしておいてよかった。 さて今回は本好きの私に…

本の感想「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹

八月は夏休みがあったので、久しぶりに一人旅をしてみた。一人旅というものはいつだって、のんびり半分、さみしさ半分だ。 旅先で本を読むのが好きなので、今回もずっと本を読んでいた。 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹 世界の終…

本の感想「ムーミン谷の冬」トーベ・ヤンソン;一年で最初に春を感じる日

今日の朝はねずみ色の雲が空一面を覆っており、強い雨風が音をたてて吹き付けています。雲は勢いよく流れていて、雨はもう少しすれば止みそうです。窓を開けると暖かい風が吹き込んできます。 首都圏に住んでいると、四季によって景色がガラッと変わるような…

スター・トレックが教えてくれた、「人間であること=向上心を持つこと」

3年くらい前、本屋に平積みしてあるのを見て買った「スタンフォードの自分を変える教室」。"The Willpower Instinct"という原題で、人間の意志の力とはどのような脳の働きによるものなのか、分かりやすく書かれており、まさに自分のための本だと思ったもんで…

本の感想「中国行きのスロウ・ボート」村上春樹;車窓から都会の景色を眺めて感傷的になっていたあの頃

ここでいう中国はもちろん本当の中国ではなくて、主人公の頭の中にある、いつか辿り着きたい場所という暗喩としての中国です。小学生の頃に出会った中国人教師の「そして誇りを持ちなさい」という言葉が主人公の心に残って、やがて大きな位置を占めるように…

本の感想「羽根」レイモンド・カーヴァー;不細工な赤ん坊を前にして

赤ちゃんというものはみんな可愛い。特に親からすれば目に入れても痛くないでしょう。 それは分かっているのだけど、そんな他所んちの赤ちゃんの写真やパソコンの壁紙を見せられて、少し困惑した経験のある自分がいたりもします。自分は心のない人間なんだろ…