たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

やっぱりシンプルイズベスト

今週のお題「わたしの部屋」

 今住んでるワンルームマンションは部屋が細長くて、モノが置けるスペースもレイアウトを考える余地もあんまりないのだけど、それでも引越して来てからかなり長く、部屋の模様替えは今まで何回かやってきました。

  模様替えビフォー/アフターでいちいち写真を撮っていたので、変遷を見返してみると、越してきた当初の部屋の、まーゴミゴミしてたこと。

 それから模様替えのたびに、1,000枚近くあったCDを処分し、映画DVDを売り払い、カーペットを敷いてみたり、剥がしてみたり、ちゃぶ台を買ってみたり、結局捨てたり、デスクを買ったり、テレビをヤフオクに出したりを経て、たぶん今がほぼほぼこの部屋の最終形かな、と思ってます。

 

 で、今週のお題にあるように、何か「こだわりのインテリア」と言われて、周りを見回してみたのだけど、これといってインテリアっぽいものはないですね。

インテリア - Wikipedia

インテリアとは室内装飾品のことで、室内を装飾するものが代表的である。具体例では内装材(カーテンカーペット壁紙、床材など)があり、そのほかブラインド、ロールカーテン、カーテンレール、家具照明器具ドア、間仕切りなどが含まれる。

 唯一の装飾は壁にかけてある額縁だけど、セールで安かったから誰の絵とか気にせず買ったものだし。あと無印をインテリアと言ってよいなら、無印のユニットシェルフと壁掛け時計がありますけど。 

 飾り気ないものでもよければ、机とデスクスタンドはちょっとしたこだわりと言ってもいいかもです。机はいろいろ置けるよう、あえて幅120cmの大きめを買ったし、デスクスタンドは三角ぽいランプシェードが売ってなくてあちこち探したので。でもせいぜいその程度。

 

 そう言いつつ、自分なりのシンプルな部屋にはもう十分こだわったので、いつかもっと広い所に引越して、装飾インテリアでぎっしりな部屋っていうのにも少し憧れたり。

 

 ま、お金ないから、今後もやっぱりシンプルイズベストでいいです。