読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

ブログを始めてみて半年が経ちました

 「はてなブログをご利用いただきありがとうございます。たゆたう暮らしを開設して半年が経ちました。」

 というメールがはてなブログから届きました。今月はこの投稿を入れて5記事。今月後半は別に放置していたわけではないのだけど、書くことがうまくまとまらず、投稿できませんでした。頼みの「お題」もいまいちだったし。

 それでも先月に引き続き、1000アクセスを突破しました。はてなブログすごい。

 このブログが、どこかの誰かにとって何らかの参考情報とか、もしくは暇つぶしにでもなっていたら幸いですが。

 ブログを続けている一つの目標の、興味あることを整理・考察して文章にする力がこの半年で向上したかというと、そこは全然あいかわらずで。パソコンの前に座っても、ぐるぐる妄想しているうちに時間ばかりが過ぎていきます。

 まあ、誰に強いられているわけでもないので、ゆっくりマイペースでいいや、と思ってますが。

 

 はてなブログから送られてきたメールの最後には、「書き残そう、あなたの人生の物語」という言葉が書かれてました。 

 「書き残そう、あなたの人生の物語」

 良いキャッチですね。

 なので今月の振り返りとして、私の人生の物語も少しだけ書いておこう。自分のためだけの文章になるけれど。

 今月のトピックスは何といっても、少し前に知り合った、とある人とデートに出かけたことだろう。相手がそれをデートと思っていたかどうかは別だけど。

 まあそれでも、自分の気持ちは少しだけ伝えることができたように思う。出来ればもう少ししっかりした言葉で言えたら良かったのだけど、サイモン・ペッグのようにチャーミングでもない普通のおっさんは、機転の利いたことも言えないし、そんな雰囲気になる機会もなかなか訪れないのだ。

 そしてその後、まあ普通に今時の人っぽくLINEを送ってみたりしたのだけれど、まず返事が何日も来ない。そして返事が来たと思ったら、しばらく仕事が忙しいとのこと。

 自分の人生経験に照らし合わせると、これはお断り超定番な文句なのだけど今回はどうだろうか。次に「体調が悪い」という返事が来たらスリー・アウトだろう。

 

 もう終わってるのかもしれないけれど、つづく。

f:id:mbook999:20160731120633j:plain