たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

映画の感想「シン・ゴジラ」メロドラマを排した硬派な怪獣映画

f:id:mbook999:20160807121153j:plain

 庵野秀明監督の実写映画としては「キューティーハニー」(2004)以来の久々となる新作「シン・ゴジラ」。

 なぜ「キューティーハニー」実写映画化の監督がこの人だったのかは知らないが、実は当時映画館に観に行って、あれはあれでけっこう好きだった。天然美少女ものギャグアニメをそのまま実写化してみましたってノリと、ポップだけどチープな映像。ミュージックビデオのような演出や、サトエリのまるで演技をしてない感じ、などなど、見ててやたら気恥ずかしいのだけど、逆にそれが作家性を感じさせなくもないというか。

 準主役は「シン・ゴジラ」にも出演していた市川実日子サトエリと二人で胸の大きさの違いだけではなく、天然・ツンデレなど、いわゆるアニメ界ではテンプレな全方位の需要もケアされていた。

 ただサトエリは声がハスキーなのと健康的すぎるので、「キューティーハニー」というタイトルから想像されるお色気要素はあまり感じられなかったけど。

 

 ここまで「シン・ゴジラ」ではなく「キューティーハニー」の感想になってしまったが、どっちみち公開直後だし、あんまりネットでネタバレ感想を書くのも良くないだろう。

 ともあれ。

風の谷のナウシカ」での「薙ぎ払え!」のシーンや、エヴァンゲリオンでの巨大ロボットが暴走するシーンを思えば、どう考えたってこの監督は「キューティーハニー」よりゴジラ映画との親和性の方が高いに決まってる。

 

 「シン・ゴジラ」は人間ドラマをほとんど排した、スタイリッシュで純度の高いディザスター怪獣映画だった。ドラマ部分としては大勢の人間が少しずつ登場する群像劇であって、主要人物は何人かいるけれど、感情移入できるような主人公は出てこない。

 長谷川博己演じる災害対策本部長は別に家庭で離婚の危機だったりはしないし、石原さとみ演じる米国特使にも別に子供の頃のトラウマがあったりはしない。

 ゴジラの上陸によって犠牲になる人々がクローズアップされる場面も特にない。愛するものが犠牲になって、挫折して、乗り越えてみたいなメロドラマ的な展開が一切ない。

  でもそれはそれで全然構わないと思う。だって怪獣映画を見に行くのは、別にそんなテンプレな人間ドラマが見たくて行くわけではないのだから。

 大怪獣がいかにかっこよく街を破壊して、そしてそれをいかにかっこよく迎撃するか。この点、庵野監督の映像は期待通りの素晴らしさだった。

 LIVEサウンド上映とやらで観たせいか、戦車の砲撃と着弾の轟音が腹にズンズンきた。

 チネチッタ | ニュース | 『シン・ゴジラ』7/30(土)~期間限定【LIVE サウンド】上映決定!

 そして、どのゴジラ映画だって劇中で最初に口から火を吹くシーンはかなり盛り上がるものだけど、今作の出来栄えはまた相当のものだった。きっと観てる人みんな、クシャナよろしく「焼き払え!」って言いたくなったと思う。

 

 あとは蛇足だけれど。真面目にゴジラ映画を作るのなら(見る方も)、「核」というテーマはやっぱり避けては通れない。

 初代のゴジラはまだ原爆の記憶が日本人に残っている時代に製作された。終戦が1945年でゴジラが公開されたのは9年後の1954年だ。

 今は原爆の記憶は薄れてしまったけれど、5年前に東日本大震災があったから「原子力」の怖さはまた日本人に上書きされてしまった。

 シーベルトだとか除染だとか、自分たちにとって身近な言葉なんだなって映画を観ていて改めて感じてしまった。