たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

【iCloud ミュージックライブラリ】アートワークを変更しても戻ってしまう時の対処法

前置き

 Apple Musicは定額制の音楽配信サービスです。こと洋楽のカタログ数は膨大で、自分に関して言えばCDを買う必要はほぼ無くなりました。

 時々、どうしても音質が気に入らなくて(好きなミュージシャンだと特に)やはりCDを買ってしまう時はありますけどね。

 

 ところでApple MusicやiTunes Matchといったサービスの重要な特長として、自宅パソコンのライブラリにある音楽ファイル全てが、iTunesを使用している他のパソコンやiPhoneAndroidなどいろいろなデバイスでも聴けるようになる、という点があります。

 細かく言うと、自宅の音楽ライブラリとApple Musicのカタログに同じ曲がある場合は、その音楽ファイルが「マッチ」という状況となります。そしてその「マッチ」した曲を自宅以外のPCや他のデバイスで聴く場合は、自分の買った曲ではなく、Apple Musicにあるファイルを聴くことになります。

 

 ただしApple Musicにない曲は当然マッチません。そういった、自宅のパソコンにはあるけれどApple Musicにない曲は、iCloud ミュージックライブラリという、いわゆるクラウド上に自分の音楽ファイルがアップロードされます。

 

本題

 やっとここで本題ですが、さっきこの「マッチ」していない曲のアートワークが変更できないという問題が発生して、あれこれ変更方法を試していました。

 自分の場合は語学の放送を録音したファイルだったんですが、最初アートワークを設定したくて、iTunesで「アートワークを追加」ボタンを押して変更してみました。

 しかし、数秒経つと変更前のアートワークに戻ってしまう。何度試しても試しても、数秒後にはスルッと元の絵に戻ってしまうのです。

 

 しばらく悩んだのですが、つまりこういうことではないかと。

 マッチしない曲にいったんアートワークが設定されて、iColud ミュージックライブラリにアップロードされてしまうと、そのクラウド上のファイルが正になってしまう。たとえ自宅のパソコン(母艦)で変更したとしても。

 パソコン側でファイルを変更しても、クラウド上のファイル優先で同期してしまい、アートワークが戻ってしまう。

 

 それからまたしばし悩んで、そして正しいかどうか分かりませんが、いちおうやっとこ変更できたので、ここに手順をメモしておきます。(iTunesのバージョン12.4.3.1時点のメモです。)

 

  • 該当のファイルを選択する。(複数選択可)
  • 右クリックもしくは(Macの場合) 「メニューバー」→「曲」から「ダウンロードしたものを削除」をクリック。
  • 該当ファイルの「情報を見る」から「アートワーク」を選択。
  • 現在のアルバムアートワークをdeleteキーで削除して、「アートワークを追加」ボタンを押してアートワークを追加。(この時点ではまだ元のアートワークに戻ってしまう。)
  • 楽曲名の横、またはiTunesにある雲の絵に下矢印が付いたアイコンをクリックする。

 

 この段階でやっとアートワークが変更されました。

 もし同じ問題で悩んでいたら、試してみてはいかがでしょう。