読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

初心者が歩く熊野古道。大門坂〜那智の滝

はじめに

 熊野古道とは、熊野三山へのかつての参詣道のこと。紀伊半島の南東部、熊野地方にある熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を合わせて、熊野三山と呼ぶ。

  熊野古道にやってきたのはいいけれど、正直なところ歴史にも宗教にも疎くて、この程度の知識もない状態だったので、とりあえず入門用の本を買ってみた。 

熊野三山 (楽学ブックス)

熊野三山 (楽学ブックス)

 

 ざっと読んでみると、何となく熊野の神々のことをイメージ出来ます。

 一千年前のいにしえの自然が残る山奥と、古代の人々を恐れ慄かした荒ぶる神々が眠る三つの神社。熊野古道は、まるでもののけ姫の世界のような、何だかとてもロマンチックな場所だと私の中では設定されました。

 

 さて、そんなライトな熊野古道初心者が歩くルートはどこが良いのか。

 和歌山観光連盟のホームページを見ると、まさに「初めての」と題した三つのコースが紹介されてます。

熊野古道を歩くモデルプラン|和歌山県観光情報

 その中の一つ。大門坂〜那智の滝コースを歩いてみました。

 

大門坂駐車場

f:id:mbook999:20160825152033j:image

f:id:mbook999:20160825152126j:image

 大門坂駐車場から大門坂の入り口までは、普通に舗装された道路を歩いていきます。

 すぐに入り口まで到着。しかしここから始まるハードな行程をまだ知る由もなかったのでした。

 

大門坂

f:id:mbook999:20160825152353j:image

 ゆるやかな坂を登っていくと、鳥居が現れます。

f:id:mbook999:20160825152509j:image

 鳥居をくぐると階段が始まります。とても古道ぽくて良い感じ。

f:id:mbook999:20160825152727j:image

 階段を登ってすぐに、木漏れ日の中、多富気王子なる石塚があります。

f:id:mbook999:20160825153350j:image

 王子とは参拝者が道中の加護を祈った社とのこと。熊野古道を歩いていると、マイルストーン的に時々現れます。

 そしてここを越えると、後はひたすら石段を登ります。

f:id:mbook999:20160825154447j:image

 …延々と石段。普段全く運動をしない私としては、10分くらいで足が上がらなくなったのだけど、結局20分近く石段を登り続けました。

 和歌山観光情報にはウォーク初心者向けコースと書いてあるけど、かなりキツイ。

 

 やっと大門坂の上まで到着。

f:id:mbook999:20160825155248j:image

 もう少し登るとお土産屋さんやバス停、自販機があります。ポカリを一気飲みするけど、汗がなかなか引かない。この頃にはロマンチックというよりは、修行僧の気分になっていたかも。

 

那智大社

 そしてここから那智大社の参道に入ります。そしてまたもや急な階段。遥か上の方に鳥居が見えます。

f:id:mbook999:20160825155551j:image

 鳥居を越えると、次の鳥居までまた階段。神様に会いに行くという事は、並大抵のことではないのだなあ。

f:id:mbook999:20160825160044j:image

 この鳥居をくぐると、ようやく那智大社に到着です。

f:id:mbook999:20160829062124j:image

 昔の人達は、何かの啓示を受けるため、遠路はるばる山道を越えて、ここまでやって来たのでしょう。

 那智大社の奥に進むと、遠くに那智の滝が見えます。

f:id:mbook999:20160825160917j:image

 

那智の滝

 ここからは、ずんずんと石段を下る。下り坂大好き。

f:id:mbook999:20160825161041j:image

 少し下ると鳥居があります。ちなみにこの辺りにバス停があるので、帰りはここからバスに乗って、大門坂駐車場まで戻ります。

f:id:mbook999:20160825161226j:image

 鳥居をくぐって、そこから更に石段を下ると、滝が目の前に見えてきます。

f:id:mbook999:20160825161525j:image

 ここでゴール。滝の近くはさすがに少し涼しげで気持ち良い。

 所要時間は駐車場を出発して1時間40分くらいでした。

f:id:mbook999:20160825161956j:image

 途中、ハアハア言って休んでたりしていたので、体力に自信がある人なら、もっと早く歩けたかも。

 観光情報では、大門坂〜那智の滝は歩きやすく、おすすめの人気コースとのことだけど、自分にとっては時間は短くてもなかなかハードなコースでした。

 

 でも多分、特別な神様に会いに行くのだから、ちょっとくらい苦労した方がいいんでしょう。

 まあ神様からしてみたら、どうでもいいことだとは思うけど。

 

 あと出発前に準備運動をした方が良かった。今更だけど。