たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

初心者が歩く熊野古道。発心門王子〜熊野本宮大社

はじめに

 和歌山県観光情報によると、発心門王子から熊野本宮大社へのコースは熊野古道の人気No.1コース。上りも下りも緩やかで手軽に歩けるコースと書かれています。

 熊野古道を歩くモデルプラン|和歌山県観光情報

 熊野速玉大社、熊野那智大社と参拝して、あとは熊野本宮大社を残すのみとなりました。前日近くの川湯温泉(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉)に泊まって、そこから車で10分程度。熊野本宮大社に到着です。

f:id:mbook999:20160828030720j:image

 そう。那智大社と異なり、このコースではゴールの熊野本宮大社がいちばん手前にあるのです。なので車をここで置いて、コースのスタート地点の発心門王子までは近くのバス停からバスで山を登ります。

 ゴール地点を目の前にして、一旦わざわざ遠くまで離れることに若干どうなの?と思いつつ、バスに乗り込みます。

 

発心門王子

 終点の発心門王子までは約15分程度。携帯の電波も届かない山奥に観光客は置き去りにされます。

f:id:mbook999:20160828030747j:image

 とはいえ道路は舗装されており、しばらく行くと民家もあったり、のどかな田舎道を歩きながら、まずは最初のマイルストーンである水呑王子を目指します。王子とは、参拝者が道中の加護を祈った社です。

 

 熊野古道に来てから、ずっと頭のなかでリフレインしている歌を歌いながら歩く。

♪くまのこみていたかくれんぼ

f:id:mbook999:20160828030915j:image

♪おしりをだしたこいっとうしょう

f:id:mbook999:20160828031203j:image

ゆうやけこやけでまたあした

f:id:mbook999:20160828031119j:image

♪またあした

 

水呑王子跡

 歌っている間に水呑王子に到着。

f:id:mbook999:20160828031332j:image

 ここを通り過ぎると、短い石畳があった後、いよいよ山道に突入です。 

f:id:mbook999:20160828031444j:image

 この山道はとても雰囲気があって、しかも緩やかな下り坂でとても歩きやすい。蝉の声すら遠くに聞こえる、とても静かな山道をてくてく歩きます。木の陰に入るので、少し風がひんやりします。朝に通り雨が降ったおかげで、森はしっとりしてます。

f:id:mbook999:20160828031558j:image

 古の旅人に思いを馳せることが出来る、自分の歩いた熊野古道のコースの中ではいちばん良かった場所でした。

 

伏拝王子跡

 山道はしばらく行くと終り、再び舗装された道路に戻ってきます。しかもだらだらした上り坂。コンクリの道路で木陰もなく日差しが容赦なく照りつけます。個人的にはここから伏拝王子までがいちばんの難所でした。

f:id:mbook999:20160828031634j:image

 NHK連続テレビ小説でお馴染みの場所らしいが、暑すぎて「しらねーよ」って気分で通過する。

f:id:mbook999:20160828031652j:image

 果無山脈は野獣の宝庫らしい。いくら眺望が素晴らしくても近づきたくない。

 

 最後の上り坂を登り切ると、伏拝王子跡に到着。休憩所になっているのでここで休憩して冷たいコーヒーを飲む。

f:id:mbook999:20160828031731j:image

 

三軒茶屋跡〜祓殿王子跡

 伏拝王子跡を過ぎると、再び山道に入ります。緩やかな下り坂です。下り坂大好き。

f:id:mbook999:20160828031930j:image

 しかし三軒茶屋跡を通り過ぎると再び上り坂。

 少し日が陰ってくると、山は若干不穏な空気になります。足元で蛇が動いたり。今はのどかだけど、夜はきっと恐ろしい場所になるんだろう。

f:id:mbook999:20160828032018j:image

 一旦登り切ったら後は下り坂。しばらく歩くとまた舗装された道路へ。そして祓殿王子跡を通過すると、ついに鳥居が見えてきます。

f:id:mbook999:20160828032216j:image

 

熊野本宮大社 

 熊野本宮大社には裏口?から入るような感じになります。

f:id:mbook999:20160828032058j:image

 山門をくぐると社殿に到着です。

f:id:mbook999:20160828032259j:image

 写真はダメのようです。

 

 所要時間は2時間半弱。かくして熊野三山参詣は無事終わったのでした。