たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

Spotifyの「ジャンル&気分」プレイリストが素敵すぎる

f:id:mbook999:20161004230757p:plain

 Spotifyが日本でサービス開始して数日。私の聴く範囲では、Apple Musicに比べるとまだまだ楽曲数が少ない感じがします。

 Apple Musicの配信曲が数百万なのに対して、Spotifyは4000万曲以上もあるはずなのに。

 まあサービス開始直後なので、そこは仕方がないとして、それより何よりここ数日Spotifyを使ってみてとても良かったところがあります。

 

 それはプレイリストという機能が素晴らしすぎるっていうことです。Apple Musicにもプレイリストは一応あるけれど、Spotifyのそれとは全然違う。 

 Spotifyのプレイリストとは、どこかの誰かがいろいろなシチュエーションやジャンルに合わせて作った曲リストです。昔で言ったら、カセットテープにダビングして作った俺ベストみたいな感じでしょうか(例えが古すぎる)。

 プレイリストを作っているのはSpotifyの中の人だったり、ユーザーの誰かだったりします。世界最大規模のユーザー数を抱えているせいか、プレイリストは膨大な数です。

 

 PCアプリを立ち上げて「ジャンル&気分」というタブを開くと、多岐にわたる音楽ジャンルやシチュエーションの人気プレイリストを選択することが出来ます。

 例えば「ムード」→「秋の気配」と選択すると、一曲目は森山直太朗の「夏の終わり」がかかります。(リンクをクリックすると曲リストが見られます。)

 「ディナー」→"Dinner Music"ではアデルの"Hello"。

 「トラベル」→"Drive Loud!"ではサンタナミシェル・ブランチの"The Game of Love"です。(どうしてこの曲なのか、など細かいことは多分考えてはいけない。)

 人気プレイリストだけではなく、例えば検索で"commute", "morning"などなど入力すると、誰かさんが「通勤」や「朝」のシチュエーションを想定して作ったプレイリストがたくさんヒットします。探せばあらゆる気分に対応したプレイリストがあるのかもしれません。

 そしてそれらのプレイリストには「フォロー数」という数字が付いているので、どのプレイリストが人気なのかひと目で分かります。

 邦楽のプレイリストは今は少ないですが、おそらく今後どんどん増えていくでしょう。

 

 それに対してApple Musicにあるプレイリストのジャンル分けは、現在のところ「ウィークエンド」「エクササイズ」「パーティ」「フォーカス」「フラッシュバック」「ブルー」「モチベーション」「リラックス」「ロマンス」といった感じで、日常生活の中でいまいち選びにくい気がします。

 実際今までほとんど使っていませんでした。

 

 

 さて、もう夜も遅くなってきたのでSpotifyで"Sleep"→"Nature Noise"を選んでみたら、どこかの森の鳥のさえずりや川の音が流れてきました。

 素敵すぎる。

 

 とりあえずプレイリストを探索するだけでも、相当楽しめそうなSpotifyです。

Apple Music

Apple Music

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

 

 

その他のSpotifyの記事はこちら。