読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

たゆくらラジー賞&アカデミー賞2016

映画

 今年もアカデミー賞などいろいろな映画賞が発表される季節になりました。(もうそろそろ終りかな?)

 ブログの更新がすっかり滞っている今日このごろですが、この機会に映画好きの端っくれとして、2016年に観た映画を振り返っておきたいと思います。

 2016年の始めから今日現在まで、映画館で観た映画を数えてみたら16作品でした。この中から個人的な好みだけで最優秀先品を決めてみます。

 

 ではノミネート作品の紹介です。

ザ・ウォーク

 「コンタクト」「フォレスト・ガンプ」そして「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という不朽の名作を生み出してきたロバート・ゼメキス監督ではあるけれど、本作に関しては特に観る価値なし。自分勝手で全く感情移入出来ない主人公と、全然興味の沸かない物語。でも脇役だけはやたら魅力的っていうパターン。

オデッセイ

 こちらも巨匠のリドリー・スコット監督作品。リドリー・スコットなのに泣ける。2016年の必見映画の1つです。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 近年のスター・ウォーズだってジョージ・ルーカスの変なこだわりにモヤモヤしながら観ていたけれど、少なくとも製作者の想いが感じられる愛すべき作品でした。でも今作はひどかった。製作者がディズニーになっただけで、こんなにも形骸化してしまうのか。

 ちなみにこれが初めてのスター・ウォーズだった知人は「面白かった」と言っていた。いちおう娯楽大作としてのクオリティはクリアしている模様。

バットマンVSスーパーマン

 本家ラジー賞では4部門受賞とのこと。内容の記憶はあんまりないけれど、ダイアン・レインはあいかわらずのお美しさだった。

ミラクル・ニール!

 サイモン・ペッグのライトコメディ。期待せずに見ると意外に面白い、って感じの映画。

レヴェナント:蘇りし者

 長い。熊と戦うとこだけ良かった。

デッドプール

 お酒をしこたま飲んで映画館に行って半分以上寝ていたので、内容をよく覚えてない。

シン・ゴジラ

 映画館に二回観に行った。お話の筋に大した意味はなくて、ただただ監督のこだわりスタイリッシュ映像を観客に見せつけてくるスタイル。それが小中学生でリアルタイムにナウシカを体験したおっさんの琴線に見事にヒットしてしまった。ゴジラかっこいい。

 ハドソン川の奇跡

 イーストウッド監督作品はどれも傑作でありマスターピース。本作もまたしかり。

スタートレックBEYOND

 爆音上映で観たので二割増しの評価。スター・トレック好きなんだけど、派手なアクションばかりでなく、もうちょっと宇宙のロマンとかを感じたいなあ。

ぼくのおじさん

昔愛読していた北杜夫を懐かしく思って観に行った映画。原作のすっとぼけ感をそれなりに再現していたと思う。

ジムノペディに乱れる

日活ロマンポルノ。興味本位で見てみた。ミニシアターに通った若かりし頃を少し思い出したり。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

 ディズニー謹製スター・ウォーズの名誉挽回作。「新たなる希望」を繰り返し見ている自分にとってラスト数分間は悶絶モノだった。

 ちなみに「新たなる希望」の冒頭シーンを全く覚えていないという知人も「面白かった」と言っていた。あの超有名な冒頭のシークエンスを知らなくてもちゃんと楽しめるらしい。

この世界の片隅に

  能年玲奈(のん)のかわいさと才能に改めて気付かされた。思わずのんのLINEスタンプを買ってしまった。

store.line.me

君の名は。

  アニメとして映像はスタイリッシュだけど内容が薄っぺらい子供の映画。心を無にして見ればそれなりに楽しめるのでは。

 ラ・ラ・ランド

  それぞれに芸事の夢を追いかける男女が出会って、恋をして、挫折して。音楽とダンスを堪能して、ちょこっとほろ苦い人生も味わえる、そんなスーパー王道ハリウッドミュージカル。一緒に見た人は「アカデミー賞取るほどか?」と言ってた。

f:id:mbook999:20170304231855j:plain

 

以上16作品でした。ここまで書いてもうどうでも良くなってきましたが、いちおう。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

二回見て、二回ともつまらなかった。次回作もつまらなかったら許さない。

メル・ブルックスの名作パロディをお口直しに。

 

ハドソン川の奇跡

不時着シークエンスに感情を揺さぶられまくった。他の映画と格が違う。

www.youtube.com

発表式会場からは以上です。