たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

40代で婚活を始める前に読みたいおすすめ本4冊

 平成27年国勢調査の結果では、40代の未婚率は男女合わせて「22.4%」。40代の4〜5人に1人は未婚者という計算です。

 これって感覚として感じてるよりも意外に多い気がするけれど、下記リンクの「人口等基本集計結果」によると

統計局ホームページ/平成27年国勢調査/調査の結果

 40〜44歳の未婚割合は24.6%、45〜49歳の未婚割合は21.0%と書かれています。

 今の40代って、生き方に対する多様な価値観が広がったパイオニアのような世代であって、「選んで独身」という人たちもこの中に結構いるのかなと思います。

 一方、お見合い文化の衰退なんかもあって、結婚したくても機会がなかったという人たちも、ある程度増えてしまった気もします。

 今日はそんな結婚の機会がなかった40代の自分が、婚活する上で役に立ったと思う本を紹介してみます。(男性向けです。)

f:id:mbook999:20170319082822p:plain

目次

 

気持ちが前向きになる本

モテる技術 (ソフトバンク文庫)

モテる技術 (ソフトバンク文庫)

 

 この本には出会いに関して山のような具体例が書かれているのだけど、正直書かれている実践的な内容は、ほぼほぼ役には立たないと思います。でもとにもかくにも自分に自信を持って、前向きなマインドになるためには最高の一冊。最初から最後までとにかく励ましてくれます。

 まずは自分で第一歩を踏み出さないことには何も始まらないのです。

 

全体的な流れを確認する

モテの真実

モテの真実

 

 この本の中にはこれといって特筆するような部分はないのだけど、出会いから交際まで一通りの流れがわりと詳しく解説されているのが良いところ。理屈から入るタイプで、なんでもかんでもマニュアルがあったほうが安心な人におすすめ。

 

なぜ婚活するのかを考えてみる

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

 

 タイトルからは想像できないけど、意外にまじめな一冊。文庫版に追加された部分がとても良いので、初版で読んだ人も読み直す価値があると思います。

 筆者は言うには「大人になるということは、もう人生残り少ないのだから、なるべく他人を幸せにしたいと思うことだ。」

 生まれて20年間は子供時代で、次の20年間は独身生活。そしてこれからの20年、一体自分はどう生きていきたいのかと考えてみた時、この言葉は結構心にストンと落ちました。

 長くひとりで自分のためだけに生きてきたけれど、今度は人を幸せにしてみたいと思うから婚活をする。そういう気持ちを忘れないようにしたいです。

 

人を幸せにするってどういうこと?

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

 

 でも長く独り身だったせいで、人を幸せにするという事がどういう事なのか忘れてしまったのならば、この本を読んで、復習してみるのがいいのかもしれません。

 相手が大切にしているものを大切にすること、「信じる」「許す」「愛する」は無条件が前提であること、などなど。いつも心に止めておきたい考え方がたくさん書いてあります。

 ついつい忘れがちになってしまうので、暗記するくらい読んでおきたい本。

 

 以上、婚活に役立ったと思う本4冊でした。他にも40代限定に向けた婚活本なども読みましたが、個人的にはあんまり大したことは書いていないと思いました。

 外見や行動についてのマニュアル的な本よりも、まずは内面を見直すことが自分としては婚活の第一歩かなと思います。

 あとは大人の恋愛映画なんかをたくさん見るのも良いかも。