たゆたう暮らし

自分はとても関心があるけれど、世の中的にはそうでもないような事をここに書き記す。

ブログを始めてみて1年半が経ちました

 四国から帰って来て以来、5月から6月にかけて本当に生活の変化がめまぐるしく、今日久しぶりに落ち着いてパソコンの前に座っています。

 去年の1月にブログを始めた時にはまだ予兆すらなかったのに、不思議なもんです。

 

 バタバタし過ぎでブログはほぼほぼ放置気味でしたが、アクセス数は何故かわりとコンスタントで、先月は初めて月間10,000アクセスを超えました。

 そして全く更新していないにも関わらず、アフィリエイトの収入もコンスタントに月5,000円程度入ってきています。

 ホクホクです。

 なのでこの収入がある限り、今後もこのブログは存続する予定です。

 ◇ ◇ ◇

 そう言えば、今年の始め頃。自分のはてなブログアクセス解析に「お前は結婚できない」というワードが現れました。まるで呪いの言葉か何かみたいに。

f:id:mbook999:20170527114452j:plain

 人はなんで結婚したいと思うんだろう。

 ひとりで生きていくことがさほど難しくない今の世で、自分のことだけを考えるのならば、多分その答えは出ないように思う。

 ◇ ◇ ◇

 さて6月のとある土曜日。ポツポツと雨が降り始める中、近所の区役所に行きました。

 そして裏口にある守衛所を探して、窓口で婚姻届を提出しました。

 守衛さんが書類をチェックして、記入漏れを教えてくれて、最後に「おめでとうございます」と届出を預かってくれました。

 多くの人が思うことかもしれないけれど、区役所には特別とか厳かとかそんな雰囲気はなくて、書類1枚出すだけの、拍子抜けして顔を見合わせるくらいの簡単な手続きでした。

 区役所を出ると雨はザンザン降りに変わっていました。

 二人で歩いて帰る道すがら、近所のケーキ屋さんでいちごのホールケーキを買いました。二人なのでショートケーキで良いかと思っていたのだけど、「ここはホールケーキでしょ」という主張に「まあそうかな」と。

 家に帰ってダイニングテーブルの上でプチ入刀式を行って、当然のことながら彼女が3/4を食べました。

 ◇ ◇ ◇

 結婚というものは、相手が幸せを感じた結果、副次的に自分も幸せになればいいなって。そういうものではないかなあ、なんて思う今日この頃です。