blog in a bottle

音楽、本、映画など

MacでRadikoを目覚まし代わりに使いたい(仕様変更対応)

f:id:mbook999:20180127133555p:plain

 2017年の年末にRadiko(ラジコ)の仕様変更があって、放送局の画面を開いても自動再生しなくなりました。

faq.radiko.jp

 つまりブラウザ上の再生ボタンを押さないと、ラジオを再生しなくなってしまいました。これは毎朝目覚まし代わりに自動でRadikoをかけていた自分にとって由々しき事態です。

 そこでいろいろ試行錯誤して、あまりスマートではないけれど対処策を講じたので、ここに書き記しておきます。

 コンピューター、それもMac限定の対処法ですが、Windowsはもしかするといろいろなフリーウェア、シェアウェア等を使って応用できるかもしれません。

 Macで使うアプリは下の3つ

  1. Safari
  2. Automator
  3. カレンダー

 では順を追って簡単に説明します。

  1. Safariを立ち上げて、Radikoのページを開きます。
  2. Automatorを起動します。アプリケーションを選択。
  3. Automatorの右上の赤い「記録」ボタンを押します。(「Automator:記録」の小窓が開きます)
  4. Radikoの好きな放送局をクリックします。
  5. Radikoの再生ボタンを押します。
  6. Automator:記録」の小窓にある停止ボタン(■)を押します。
  7. 上記の操作でできた「操作を記録」アクションの上に「指定されたURLを取得」と「Webページを表示」アクションを追加し、Radikoのホームページを自動で開く設定にします。
  8. 「Webページを表示」と「操作を記録」アクションの間に「一時停止」アクションを追加します。(一時停止アクションは5秒程度の時間を設定すると良いようです。一時停止がないと、ページを開き終わらないうちにマウスカーソルが動いてしまいます。)
  9. 上記のアクションをアプリケーションとして保存します。
  10. カレンダーで、決まった時間に上記のアプリケーションが起動するように通知を設定します。

 以上で、目覚ましRadikoアプリの完成です。うまく動作するか試してみて下さい。

f:id:mbook999:20180127140821p:plain

 Automatorで作ったアプリケーションを実行するとブラウザが開き、マウスカーソルがスルスルと勝手に動いてRadikoの再生が始まります。

 びっくりするのはブラウザのウインドウの位置が最初とずれていても、マウスカーソルがちゃんと正しいボタンをクリックしてくれることです。画面のどの座標をクリックするかではなく、ちゃんとクリックすべきボタンを覚えていてくれるようです。

 ※ただしクリックするボタンがモニター画面の外側にあるとうまく動作しません。

 これでとりあえず我が家に目覚ましラジオが戻ってきました!

 こんな便利な機能があるなんて、今回いろいろ調べるまで全く知りませんでした。この機能を使えば、単純なルーチン作業だったら何でも自動化できそうです。

◇ ◇ ◇

追記  実行すると「記録を操作」でエラーになる場合は、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」のプライバシータブで、作ったアプリによるコンピュータの制御を許可して下さい。