blog in a bottle

音楽、本、映画など

2018年発売のおすすめ洋楽クリスマスアルバム特集

 早いもので11月ももう半ば。街がクリスマス仕様にライトアップされ、ラジオからもちらほらクリスマスソングが流れる季節になりました。

 今年の洋楽界は、再発版を除いても30枚あまりのクリスマスアルバムがリリースされていて、全てはとても聴ききれないのだけど、中でも個人的に気に入ったものを集めてみました。

 ジャズ・クラシック・Jポップはアンテナを張ってなくて分からないので、セレクトに含まれませんがあしからず。

 

Eric Clapton / Happy Xmas

 2018年クリスマスシーズンの先陣を切って発売された、スーパー大御所エリック・クラプトンクリスマスアルバム。1994年のブルースアルバム「フロム・ザ・クレイドル」を彷彿とさせるギタートーンで始まり、クラプトン調ブルージーなバラードや、アコギのスライド、はては打ち込み系のインストまで、クラプトンの歌とギターをたっぷり堪能することができます。近年のオリジナルアルバムを凌駕する出来栄えの、クリスマスアルバムを超えたブルースの名盤ではないでしょうか。

ハッピー・クリスマス

ハッピー・クリスマス

 

 

② PJ Morton / Christmas with PJ Morton

 Maroon 5のキーボード奏者、PJモートンクリスマスアルバム。室内をオシャレな雰囲気で包みたい時にはもってこい。マライアのカバーは毎年いくつかあるけれど、今年のナンバーワンはこれ。

 

③ Mindi Abair & The Boneshakers / All I Got For Christmas Is the Blues

 女性サキソフォン奏者/ヴォーカリスト、ミンディのブルースクリスマスアルバム。直球ストレートなブイブイのブルースギターとサックスの熱量がとにかく高い。クリスマスなのにホット。

All I Got For Christmas Is The Blues

All I Got For Christmas Is The Blues

 

 

④ William Shatner / Shatner Claus

 2018年最大の、というか全てのクリスマスアルバムの中でもかなりどうかしている問題作。スタートレックのカーク艦長役であまりにも有名な、ウィリアム・シャトナークリスマスアルバムです。

 このアルバムでウィリアム・シャトナーは、クリスマスソングを歌うのではなく、曲に合わせて、歌詞を「朗読」しています。しかもその朗読のテンションがやたらと高い。ちょっと頭のネジがどこかに行っちゃったのかな?と思うくらいに。

 そしてそんなアルバムなのにゲストミュージシャンが無駄にすごい。トッド・ラングレン、ビリー・ギボンズ(ZZ TOP)、イギー・ポップなどなど。ゲストの卓越した演奏や歌と、ハイテンションな朗読のかけあいという新ジャンルのアルバムです。

 最後の曲「ジングルベル(パンク・ロックバージョン)」なんてもう「カオス」としか形容のしようがない。

Jingle Bells (feat. Henry Rollins)

Jingle Bells (feat. Henry Rollins)

  • provided courtesy of iTunes

 でも爆音で繰り返し聴きたくなる、謎の中毒性を持つ。

 

 ここまででもうかなりお腹いっぱいなのですが、今年のクリスマスアルバムはまだまだあるので、以下さらっと並べます。

⑤ Aloe Blacc / Christmas Funk

 こちらもなかなにオシャレ。

Christmas Funk

Christmas Funk

 

 

⑥  John Legend / A Legendary Christmas

 ソツない感じでわりと普通。

 

⑦ Monkees / Christmas Party

まだバンドが活動していたことにびっくり。

 

⑧ Los Straitjackets / Complate Christmas Song book

 最近ニック・ロウのツアーに同行していた覆面ギター・インストバンド。ビデオがどうかしてる。

 

最後に再発モノの2枚

⑨ Rosie Thomas / A Very Rosie Christmas! (2012)

 やはりしっとりした女性ボーカルものも聴きたくなります。

 

⑩ K.C. and The Sunshine Band / A Sunshine Christmas (2015) 

 往年のディスコミュージック。

 

 以上長くなりましたが2018年のおすすめ洋楽クリスマスアルバムでした。

 2017年のおすすめはこちら。

tayukura.hatenablog.com